オリジナルTシャツ.com

お気に入りのTシャツを長持ちさせる洗濯術

オリジナルTシャツだけでなく、お気に入りのTシャツを持っている人は沢山いると思います。お気に入りのTシャツなので出来れば毎日着たいですよね。
しかし、着たら洗濯をしなくてはいけません。そこで心配なのが色落ちや生地がよれてしまう事です。毎日着たいけど良い状態のままにしておきたいと葛藤してしまいます。
Tシャツの長持ちケアは難しい事はありませんので、 Tシャツを長持ちさせるための洗濯術を伝授する事にしましょう。

どうやって洗濯をするか

それでは、どのように洗濯をすればいいのか、洗剤はどうすればいいのかなど、項目的に分けてご説明していきたいと思います。是非参考にしてみてください。
もし、洗濯を失敗したとしてもリメイクしてオリジナルTシャツにする事もアイディア次第では可能ですので諦めないで下さい。

中性洗剤を使って洗濯をする

蛍光増白剤の入っている洗剤を使ってる方もいるかもしれませんが、出来れば蛍光増白剤の入っていない中性洗剤を使うようにしましょう。この蛍光増白剤と言うものは白い服をさらに白く見せるためのものですので、色の濃いTシャツなどにしようすると色落ちをしてしまう可能性があります。お気に入りのTシャツの色が薄くなってみすぼらしくなってしまうのは悲しいですよね。

漂白剤は絶対に使わない

皆さんもご存知の通り漂白剤は色を白くする為の洗剤です。色が着いているTシャツの中に漂白剤を入れてしまったらどうなるか皆さんはわかりますよね。全くプリントの無い真っ白のTシャツなら漂白剤を入れて白くするために洗濯をしてもいいのですが、漂白剤も入れすぎてしまったら生地をいためてしまう原因になりますので、表示されている適切な量は必ず守るようにしましょう。

洗濯機に入れる前に裏返しにする

この方法を実践している人もいると思いますが、洗濯機にTシャツを入れるときは裏返しにしてから入れるように心がけてください。裏返しにする事によって他の洋服などとこすれてもプリント部分が傷んでしまう確立を下げる事が出来ます。ただプリント部分が傷んでしまう確立を0にする事はできません。なぜなら裏返しにしたTシャツ自体がプリント部分にこすれてしまう事もあるからです。しかし、裏返しにせずに洗濯機にいれるよりかはかなり効果があります。

洗濯ネットを利用してみる

洗濯ネットを利用した事はありますか?
これは、袋状になったネットの中にTシャツを入れて洗うことが出来るものです。これを使う事によって裏返しにして洗濯機に入れたときよりもさらにTシャツをいためる可能性が低くなります。また、洗濯が終わって中のものを取り出すときにTシャツをひっぱって生地が伸びてしまう危険性も回避する事ができるので、出来れば洗濯ネットを利用するようにしてみて下さい。

水流の勢いを弱くして洗濯をする

最近の洗濯機は水流の強さを調整する事ができます。強い水流で洗濯をしたほうが汚れが綺麗に落ちそうなのですが、それと一緒にTシャツ自体も傷めてしまう原因になります。また、水流が強いと他の服との摩擦も強くなりますので、さらに生地が傷んでしまいます。水流が弱くても酷い汚れではない限り綺麗になりますので、なるべく弱い水流を利用するようにしましょう。
洗いすぎてサイズがピッタリ!オリジナルTシャツになりすぎないように

おすすめWEBサイト 5選

2017/3/10 更新